味方を守る者と、敵を狩る者の構図なのでどうしても
保守的になりがちなマッチアップ多めになりますが
隙を見て攻撃を仕掛けないと、
2000のシールド+5人VS6人
といった具合に盾一枚と引き換えに、
常に人数差不利を背負った状況になってしまいます。

どこで攻撃に転じ、盾を張るのはどこか
そういったモノに重きを置いて解説していきたいと思います!!
OW_Uprising_026_png_jpgcopy
_______________________________________________________________________

■対ウィドウメイカー
基本的に手も足も出ません。
一応『ファイア・ストライク』で牽制を行うことはできますが、
盾を下げる必要があるので、100与えるかどうかのリターンに対して
バックのヒーラーなどがヘッドを取られるリスクが伴うので割に合いません。

基本的に処理は味方に任せることになり、
自分は射線を意識した盾張りをすることになります。

■対ゲンジ
頭上を跳ねまわる忍、
射撃レートの高いサブを複数ヒットさせるには
寄る必要があるので、ハンマーを当てる機会はあります。
あまりにも鬱陶しければ、適度に叩きましょう。

最警戒要素は、『木の葉返し』『ファイア・ストライク』を返される事
性質をそのままに返ってくるので、当たり方次第でゲンジのUltがモリモリ溜まります
モーションに入ってから木の葉返しされた場合は、大きくエイムをずらして外しましょう。

『龍撃剣』は威力120なので、ハルトを倒すには何度も斬る必要があり
それまでにハンマーで3回叩けば返り討ちにすることはできますが、
それが陽動で、本命はゲンジサイドのシャターを通す事
なんて事もあるので、構成に応じて時には耐える事も必要。

■対シンメトラ
今一番、どう対処すべきか悩んでます。
盾を張っていると、ビーム攻撃のマガジンを枯らすことなく耐久を削られ
割られてしまうと、盾への攻撃で威力UPしたビームで溶かされます。

本体の耐久が低い(200ヘルス)点か射程の短さを突いて
盾を張るなら味方に処理を任せる、
攻撃するなら『ファイア・ストライク』を混ぜた速攻で勝負するのが良さそう。

タレットをハンマーの届かない高所に設置されると
『ファイア・ストライク』でしか処理できません。
ここに使うのは、もったいないので出来れば味方に処理してもらいたい所。

■対ジャンクラット
盾割りの権化、割られるのを嫌って下げても
1発120と馬鹿にならないダメージが飛んでくる。
射程はそこそこなので、バックの長距離が行けるヒーローか
裏を取れるヒーローに速やかに処理してもらいたい所。

『コンカッション・マイン』による高い機動力を持っていますが、
設置(→上に移動)→起爆のプロセスを踏む都合上、
近距離ファイア・ストライクのヒット率は高めなので援護はできます。

『コンカッション・マイン』は盾を貫通しないので
面と向かって盾に投げると盾の下に落下します。
何も考えずに歩みを進めると起爆されて飛びます
自陣ががら空きになるので要注意。

こちらもトラップの除去に『ファイア・ストライク』
を使いたくないので、出来れば味方に壊してもらいたい所。
でも「ココに、あるから壊して~」って思っていると、大体味方が引っかかる。

■対ソルジャー76
居るだけで仕事になります。
直接キル出来る機会はそれほど多くありませんが、
前で盾を張っているだけで相当鬱陶しいと相手は感じています。

Ultも威力がUPするわけではないので、盾で十分に凌ぐことが可能
一応リロードタイムが短縮される効果もあるので耐久値に不安がある場合は
さりげなく物陰に移動するのが吉。

『ファイア・ストライク』を撃つ隙に与えられる火力も知れているので、
タンク同士の叩きあいも若干有利になりやすい。

■対ソンブラ
うざうざヒーロー、ハンマーを振ることしかできないお爺になります...
近距離での『ハック』はハンマーで阻止できますが
基礎を押さえているソンブラは、
高台などからハックしてくるので阻止できません。

敵のハルトとのシャターの読み合いも『ハック』『EMP』で一方勝ちされます。

あまりにも粘着されるようであれば、ヒーロー変更をしたい所
置いてしまえば『EMP』以外で盾が消えない設置型がお勧め
ですが、タンクの時点でソンブラは大概キツイです。

唯一の救いは、ソンブラが敵にいる場合しっかりと連携を取らないと
チーム全体が他構成の劣化になってしまう点。

■対トレーサー
ハンマーを2回当てれば勝ち、それまでに削りきられたら負け。
事故を嫌がる人が使うトレーサーは、
ハンマーが1ヒットした時点でリコールを使います。

なのでとにかく素早く振りむいてハンマーを当てること
ごく稀にリコールを使わず強気にインファイトを継続する人もいます
この場合は、こちらも強気にハンマーを振ってOK
取れればかなり大きいです。
_______________________________________________________________________

冒頭に書いたように、時には『守ってるだけじゃねえぞ』という所を見せて
敵の安易な接近を許さないアピールをする必要があります。
(実際は、殺す気が無くても)

前半はちょこまか動くヒーローが多いので、
ハンマーが当たらず苦戦を強いられることが多いですが、
ハンマーを振る際に、エイムをハンマーの方向に一緒に振ることで
攻撃判定を若干大きくすることが出来ます。
トレーサーゲンジなど、寄ってくるけど動きが速くで当たらないヒーローに
対しては有効なテクニックなので習得しておきましょう!!



twitterもやってます、記事の更新情報などをつぶやいています
こちらでのコメントもお待ちしておりますので
フォローよろしくお願いします。