タイトル通りのオリーサ対ダメージヒーローの後編になります。
基本的には前編と似たような内容になっていますが
後編のヒーロー戦では《フォーティファイ》アーマーヘルス
非常に重要な要素になってきます、そんな後編スタートです!!
OVR_Anniversary_2018_007_png_jpgcopy
_______________________________________________________________________
■対トールビョーン
タレット,本体共に脅威ではありません
どちらに対しても距離減衰の無い弾で、一方的に攻撃が可能。
オリーサの眼前に立つ事も、そうそう無いのでサブ射撃は怖くないですが(寄られれば少し怖い)
メイン射撃が距離減衰無しの威力70ヘッド判定有、とそこそこ嫌な性能なので
他の敵と要相談ですが、バリアの向き調整はしっかりとしておきたい。

《モルテン・コア》発動時は、大量のアーマーを獲得するため、
《フュージョン・ドライバー》の威力がほぼ半減してしまいますが
通常時同様ヘッドショット判定が大きく、機動力は変化していないので
《ストップ!》で縫い付けて処理し、タレットも同時に沈静化させたい所。

■対ドゥームフィスト
3種のアビリティ全てのノックバックを《フォーティファイ》で耐える事が可能
他のタンクがロケパンで後衛に飛ばされ十分な仕事が出来なくなる所を
根を張って耐えられるというのは、かなりの魅力。

加えて《ストップ!》の縫い付け効果で、縛りつけて蜂の巣にでき
《メテオ・ストライク》に対してもバリアの先置き前後移動で対応可能
といった具合にタンクの中では行ける部類。

《ハンド・キャノン》の性能が距離減衰無しヘッド有
なので顔に撃ち込まれると結構痛い点は注意。


■対ハンゾー
ウィドウメイカー同様、大きな顔に威力125の矢がかなり痛いです。
ウィドウメイカーよりも近距離戦になりやすい分
《ストップ!》からの射撃でキルするチャンスはありますが
《電光石火》の連射がある分、デスのリスクも高め。

《壁登り》で常時高い起動力を持っているのでバリアを避けることができ
火力もかなりのモノを持っているので、状況によっては壊すことを選択可能
といった具合に相性が悪いので、あまりにもな状況ならヒーロー変更を。

《龍撃波》は逃げてください、状況によっては《フォーティファイ》逃げ。

■対バスティオン
大切なのはレンジ調整、しっかり出来ればタンクの中では行ける部類になります。

対バスティオン時にアーマー200は、かなり強力な武器となります
(アーマーの詳しい解説はこちら)
現在のセントリーバスティオンは、1発15~7.5ダメージとなっていますが
アーマー部分で受ける際には、1発10~3.75にまで減少させることが可能。

残る問題は射撃レートの高さですが、セントリー射撃は集弾性の悪さが目立ち
対するこちらは集弾性は良くも悪くも無いですが、拡散率が一律で距離減衰無し
加えてセントリー状態ではヘッドショット判定が消失するので、
こちらの顔サイズ問題も関係無し(こちらがセントリーのコアを撃つのも難しいですが)
《フォーティファイ》《プロテクティブ・バリア》もあるので中距離以上であれば十分に戦えます。
(相手も100アーマー&《自己修復》を持っているので油断は禁物)

相手をしている暇が無い状況では《ストップ!》で一旦どいてもらいましょう。
追記:アップデートによりセントリー状態を《ストップ!》で動かすことが不可に。


《タンク・モード》は1発205と結構いやらしい数値
アーマーを200持っていても減算値は5だけなので、2発でキルされてしまいます
各種アビリティを上手く使って被害を最小限に留めましょう。

■対ファラ
弾速の遅さ故に《フュージョン・ドライバー》を当てるのは少し難しいですが
距離減衰が無い弾を撃ちだせるのは、結構強いので偏差撃ちで上手く当てていきたい所。

《ストップ!》の効果は飛行中のファラに対しても有効、引き寄せの副作用
機動力低下もしっかり発動するのである程度削れていたり、
味方がフォーカスしている時には、非常に強力なアビリティ。

《コンカッシブ・ブラスト》のノックバック効果は《フォーティファイ》で無効化可能

《バレッジ》は位置次第ですが、ファラの眼前にバリアを飛ばし、自爆を誘発させたい所
無理そうなら近くに置いて撤収までの時間稼ぎとして使うのがよさげ。

■対マクリー
相手サイドの盾割り能力次第ですが、マクリーからするとオリーサの存在は結構嫌
高回転率のバリアでメイン射撃が通し辛く、機動力が低いので《ストップ!》での強制移動も有効
逃げの《コンバット・ロール》を引っ張れればキルは目の前です。

相手の盾割り能力が高いとマクリーのメインが猛威を振るい
こちらの顔が大きいので、ヘッドショットを連発されてしまいます。

《フラッシュ・バン》のスタン効果は《フォーティファイ》先発動で無効化可能
ですが、金色のオリーサにバンを投げてくるマクリーはそうそういません。

《デッド・アイ》は、とりあえず物陰までの繋ぎとしてバリアを設置しましょう。
オリーサ自身のヘルスが400とタンクとしては低めなので
他タンクに比べ確殺ロックされやすいですが《フォーティファイ》
発動することで、ロックまでの時間を延長することが可能(仮想800ヘルス)
バリアがない、物陰まであと少しといったときなどに発動し、安地へ移動しましょう。

■対メイ
《フォーティファイ》で凍結を回避することが可能(途中の機動力低下も無効)
凍る一歩手前までは通常状態で受けるとスプレータイムを無駄に使わせられます。
なのでテンプレート攻撃を仕掛けてくるメイは楽な相手ですが
スナイパーよろしく、遠距離射撃を連発されると結構辛い。

《ブリザード》に関しても、凍結スプレー同様
《フォーティファイ》で凍結の拒否が可能、効果中にエリア外に逃げよう。

■対リーパー
タンクキラーの名をほしいままにしている
リーパーですが、意外と手を焼くのがこのオリーサ。
アーマーでショットガンの威力を50%カット
《フォーティファイ》でさらに被ダメ50%カット
(体撃ちなら全弾ヒットでも35ダメージ)
と、バスティオン戦同様、予想以上に耐えます。

バスティオンと異なるのは、こちらのが撤収を選択し難いという点
アーマーを削られ《フォーティファイ》も無いという状況になると
セントリーと異なり移動しながら攻撃出来るので、一気に残りヘルスを削り切られてしまいます。
近距離戦になった場合は《レイス・フォーム》でのスカしに警戒しながら
《ストップ!》で動きを止め一気にヘッドショットで仕留めに行きましょう。

《デス・ブロッサム》は、ヘルス次第ですが
とりあえずの《フォーティファイ》で耐える事が可能
《ストップ!》で味方から離したり、バリアで遮ったり出来る限りの抵抗をしましょう。
_______________________________________________________________________

アーマーヘルスと《フォーティファイ》のおかげで
他のタンクではキツイ状況でもオリーサなら行けるという場面が結構あります。
ただし、ヘルスの最大値は400なので回復を受けられないと脆いです
前線をキープしつつ、ヒーラーから離れ過ぎないよう注意しましょう。

いつもよりまとめが薄味な気もしますが、書きたいことは書いたのでOKとしましょう。
気になる点や足りない点などがあれば、コメントでよろしくお願いします!!

twitterもやってます
記事の更新情報などをつぶやいているので
是非、フォローよろしくお願いします!!