ゼニヤッタを使った事がある人なら一度は経験したであろう思考
「これって《心頭滅却》で防げるの?」
一律ダメージなど分かりやすい物もあれば
当たり方で出来たりできなかったり分かりずらい物もあります。

ファラ《バレッジ》の正確なダメージが出たのを記念して
今回、《心頭滅却》を目安としたUltの種類分けをしていきます
初心者ゼニヤッタの方は、必見です!!
Zenyatta_Overwatch_012
_______________________________________________________________________
《心頭滅却》貫通Ult(確定キル)
《デッド・アイ》
秒間ダメージに換算すると秒間250と大人しめですが
効果時間が6秒間なので最大で1500ダメージまでを1発に込めることが可能
(実際は、6秒経過でキャンセルされるのでもう少し低いかも)
各種バフの効果も受けるので、味方の補助があればさらに高く早くなります。
ただし、シールド系や障害物、スタン系に弱いので
フルヘルスのタンク込みで6キル!!みたいな事は滅多に起こりません。

単発高火力系なので《心頭滅却》の回復効果ではカバーできませんが
広間で発動された場合など、ダメージ無効を狙った自衛の為に発動する場合もあります。
_______________________________________________________________________
《心頭滅却》貫通Ult(対200族)
《パルス・ボム》《メテオ・ストライク》
《タンク・モード》《RIPタイヤ》《自爆》
【バレッジ】【ホール・ホッグ】

《》内のUltは、単発高火力系
各Ult全て200を超えるダメージを1撃で出すことが可能なので
200族に対して発動した場合、《心頭滅却》を貫通します。
《パルス・ボム》《メテオ・ストライク》は最大300
《タンク・モード》の射撃は1発205
なので、タンクに対して発動した場合は《心頭滅却》の回復が生きることもあります。

《RIPタイヤ》《自爆》は、最大ダメージがそれぞれ600,1000
ですが、爆心地から離れるにつれてダメージが低下します。
とはいえ、最大ダメージが最大ダメージなので
爆域での200,250族デス率はかなり高め。

【】内のUltは秒間ダメージが《心頭滅却》の秒間300回復を
上回ることで強引にダメージを与えるタイプのUltになります。
総火力はそれぞれ、【バレッジ】が3600【ホール・ホッグ】は4928
秒間換算では、【バレッジ】秒間1200【ホールホッグ】821.33...
となるので《心頭滅却》を貫通可能なのが分かると思います。

ですが、両Ult共に弾が非常に散りやすいという性質を持っているので
ある程度近距離で発動しなければ《心頭滅却》を貫通できません(特にホッグ)
能動的に貫通を狙う場合
【バレッジ】は、《グラビトン・サージ》に合わせるor不意打ち
【ホール・ホッグ】は、《グラビトンサージ》or壁ハメ
といった手段を使う必要があります。
_______________________________________________________________________
《心頭滅却》で耐えられるUlt
《龍撃剣》《龍撃波》《タクティカルバイザー》《ブリザード》
《コアレッセンス》《グラビトン・サージ》《デス・ブロッサム》

これらは、単独では秒間300回復を上回る火力が出ないUltになります。

その多くはUlt発動時に専用モーションを挟んでからの発動になるので
発動音声を聞いてから《心頭滅却》発動までに少し猶予があります。
例外として《デス・ブロッサム》は、即発動即攻撃なので
反応が遅れると自身がデスしてしまい発動することができません。

加えて《グラビトン・サージ》は、敵の火力の集中や
合わせるUlt次第で《心頭滅却》を貫通する恐れがある点も抑えておきたいです。
_______________________________________________________________________
《心頭滅却》で耐えるとかいう話では無い系
《マインフィールド》《モルテン・コア》《プライマル・レイジ》
【アース・シャター】【EMP】

《》内のUltは、
《マイン・フィールド》は、エリア封鎖,デコイ,盾の消耗目的
《モルテン・コア》は、リス地からの援護,自身orタレットの延命
《プライマル・レイジ》は、延命,環境キル,陣形崩し
といった、ダメージによる直接的なキル以外を狙った発動の場合があります。

また、キルを狙った発動の場合も(状況によりますが)
発動しなければ即壊滅というほどの被害を受けるわけではないので
《心頭滅却》を発動するかは要判断、後の展開を考えなければ
発動したほうが良い状況になる事に変わりは無いので、とりあえずで使ってしまってもOK
(次のウェーブで、返せるUltがあると後悔しますが...)


【】内のUltは、自身が影響を受けた場合、
一定時間《心頭滅却》が発動出来ないUltです。

【アース・シャター】は転倒,【EMP】はハック状態になります
発動できる時点では、既に発動しても効果に期待できない場合が多いので
【アース・シャター】は、強引に盾をくぐり抜けて来た時
【EMP】は突然自陣中央にソンブラが現れた時など
被害を抑えるにはこういった動きを見て予測で発動するしかないです。
仮に、相手が発動しなかったとしても《》のUltに対して発動した時同様
攻勢を仕掛けるきっかけになれば良しとしましょう。

自分がこの2種の範囲外にいた場合は、
効果を受けた味方の人数と、追撃の種類を見て発動を判断しましょう。
_______________________________________________________________________
《心頭滅却》あんまり関係ない系
《心頭滅却》《サウンド・バリア》《ラリー》《フォトン・バリア》
《スーパーチャージャー》《インフラサイト》《ナノ・ブースト》《ヴァルキリー》

これらのUltは、相手側の起点作り(orカウンター)として発動される事が多く
その展開次第で《心頭滅却》を発動するか判断することになります。
放っておいても何とかなる場合も多いので、
絶対に返さなければいけない物があるなら温存してOK。

一応注意が必要なのが、《龍撃剣》+《ナノ・ブースト》の組み合わせ
《龍撃剣》1斬120→《風斬り》50のダメージが
《龍撃剣》1斬180→《風斬り》75にまで上昇するので
合計255ダメージになります
1斬→《風斬り》の動きを間を空けず行う事で一部低ヘルスヒーロー対し
《心頭滅却》を貫通しキルすることが可能になります。
_______________________________________________________________________

こんな感じでしょうか
一見、結構返せる物が多いように感じますが
敵6人に対してゼニヤッタは一人です
返せるものに対してでも、全てに《心頭滅却》を発動していくのは
ほぼ不可能なので何をどのタイミングで通されると
一番痛いかを考えて動く必要があります。

また、こういった記事を作っておいてなんですが
正直感覚で発動する部分も多く
敵側も《心頭滅却》を吐かせて、本命を後から通すなどといった
プレイングをしてくる事も結構あるので経験を積んでいくのが一番いいです。
色々な場面で自衛やカウンター,起点作りとして使用し学んでいきましょう。

一番ダメなのが、そういった経験を積むチャンスを失う抱え落ちです
使いたいと思った時に使い、「あの時、使わなければなぁ」を経験しましょう!!



twitterもやってます
記事の更新情報などをつぶやいているので
是非、フォローよろしくお願いします!!