モイラの対他解説、今回はタンク編になります。
瞬間火力の低いモイラは、一人でタンクをキルするのはほぼ不可能です
(回復手段の無いルールでのオーブ連投など特殊条件を除く)
では、モイラは全タンクに対して不利を背負っているのか?
というとそういうわけではありません。

では、モイラはタンクとどのように向き合っていくべきか
警戒すべき点を中心に解説していきます!!
Overwatch_Moira_007_png_jpgcopy

_______________________________________________________________________
■対D.Va
《バイオティック・グラスプ(黒)》《ディフェンス・マトリックス》を貫通
《フュージョン・キャノン》も火力を出すには距離を選ぶので
回復リソースのチャージ要因として非常にありがたい存在
ただ《バイオティック・オーブ》を2種共DMで消されるので
自己回復として使用する場合は注意が必要(黄球は消され難いですが)
黒もUltゲージ溜め要員として優秀なので投げるならD.Vaを避けて。

《ブースター》+《マイクロ・ミサイル》での突撃にも
《フェード》でとりあえず距離を離すことが出来るので
奇襲されてもキルまで行く事は、ほぼ無いです。

《自爆》は、《フェード》で物陰に隠れる他
《フェード》の無敵時間でスカす事が可能
オーバータイム中など位置を移動したくない時には狙う価値アリ
(効果が0.8秒なのでレイスフォームと比べると高難度)

■対ウィンストン
《バイオティック・グラスプ》は黒,黄共にバリアを貫通しないので
飛び込んで設置される《バリア・プロジェクター》が非常に厄介
破壊しようにも《バイオティック・グラスプ(黒)》のみでは12秒必要
バリアの持続時間は5秒なので、十分すぎるほど機能されてしまいます
リソースの無駄に繋がるのでバリア設置後の回復行動には気を配りましょう
どうしても外から中(逆の場合も)に回復を回したい時には
《バイオティック・オーブ(黄)》または《コアレッセンス》を。

直接対決では、秒間60vs秒間50の対決になります
《バイオティック・グラスプ(黒)》の自己回復効果があるので
実際には半分ほどのダメージに抑える事が出来ますが
エイム難度やヘルス差(アーマー100)などが影響するので
こちらがキルしに行くというわけにはいきません。
自身を狙っている間に味方がウィンストンを
攻撃してくれるようであれば時間稼ぎとして有効。

また、モイラの回復速度は《バイオティック・グラスプ(黄)》が秒間80
《バイオティック・オーブ(黄)》が秒間75と
どちらもウィンストンの火力を上回ります
ゼニヤッタの様な低機動でそこそこ火力がでるヒーローが狙われている際は
回復を継続し、返り討ちにすることが出来る点は押さえておきたいです。
(旧マーシーに比べ回復量で勝りますが、リソース消費の問題有)
また、お互いに複数を対象に取ることが出来るので
多くの味方が《テスラ・キャノン》で狙われた時にも安心。

《プライマル・レイジ》発動時は、環境キルに警戒
壁ハメに対しては《フェード》で逃げられるのでそこまで気にしなくてOK
絶好のリソース確保チャンスでもあるので、他に敵が居ない状況(時間稼ぎ狙い)
であれば、どんどん吸い取って行きましょう。


■対オリーサ
《プロテクティブ・バリア》のバリア効率が非常に高い為
《バイオティック・グラスプ(黒)》の補充が困難
このバリアも《バイオティック・グラスプ(黄)》を通さないので
盾をくぐって味方が攻め出したタイミングには自分も付いていきたい所。

戦闘面を見た場合も
秒間ダメージ系ばかりなのでアーマーの効果が非常に大きく
ヘルスの半分がアーマーなのでヘルス序盤を削るのに一苦労
距離減衰無しの《フュージョン・ドライバー》
《ストップ!》での拘束や引っ張り出しで《フェード》要求
と、かなり厄介なタンクなので、少し吸う程度にしておきましょう。

《ストップ!》の引っ張りは《フェード》でスカすことが可能
環境キルを狙われた場合などには、使用しましょう
通常落ち確な状況でも、高めに引っ張られていた場合
《フェード》の加速効果で復帰出来る可能性があるので諦めずに。

《スーパー・チャージャー》発動中は敵次第ですが
モイラ的には、時間経過でやり過ごしたい事が多いです。
自身で破壊するのが困難であり、味方の被ダメージが増加するので
どうしてもリソース消費速度が増してしまいます
《コアレッセンス》でゴリ押せない事も無いですが
1.5倍火力を放つ相手に対し《フェード》禁止はかなりキツイです。
_______________________________________________________________________

対タンク戦で絶対に意識しなければならない点は
《バイオティック・グラスプ》がバリアを貫通しない
という点です。
特にウィンストンやオリーサの様な設置式の場合
内外で分断されやすいので注意が必要。
《ディフェンス・マトリックス》はグラスプの吸収はできませんが
代わりに《バイオティック・オーブ》を吸収するので、混同厳禁。

対他解説なので、どうしても不利な部分が強調されてしまいますが
基本的に瞬間火力が低く的が大きい敵タンクは
《バイオティック・グラスプ(黄)》のリソース回収要員として
非常に重宝する存在であり、同時に自己回復を行う事が出来るので
自分に興味の無いタンクを使っていかに回収&回復が出来るかが
《バイオティック・オーブ》を有効なタイミングで使用できるかどうかに繋がります。
(微ダメの自己回復に使うと,緊急回復やダメ押ししたい時に無い)

よりキルに繋がりやすい
ダメージヒーローを狙うのと迷う所ですが
そのバランスやオーブの使い方次第で
モイラの活躍度が大きく変わるので
今一度、意識して立ち回ってみてください!!



twitterもやってます
記事の更新情報などをつぶやいているので
是非、フォローよろしくお願いします!!