その有用性に差はあるものの多くのFPSに採用されている攻撃手段であり
もちろんオーバーウォッチにも採用されている攻撃手段
近接攻撃について、今回紹介していきたいと思います。

全ヒーローに与えられた攻撃手段であり
一部ヒーローを除き威力は30で統一されている
この攻撃手段ですが、OWにおいてはどの程度有効であり
使用する利点は何なのか紹介していきたいと思います。

今回は、
ラインハルトの《ロケット・ハンマー》
ブリギッテの《ロケット・フレイル》
トールビョーンの《フォージ・ハンマー》
《プライマル・レイジ》中のウィンストン
など少し特殊な例は、除ての話になります。
OW_HalloweenBrawl_TG_014_v04_png_jpgcopy
_______________________________________________________________________
■OWにおける近接攻撃の有用性:
OWにおいて近接攻撃は非常に強力な攻撃手段です。
具体的に強いポイントを上げると
1.弾切れ時やミリ残りへのダメ押し
2.バリア(一部を除く)無効
3.瞬間火力の底上げ
4.射撃のキャンセル

1.これは、他FPSでの近接攻撃でも見られるメリットですが
後一手でキル出来る際に弾切れを起こした場合に敵が近くにいれば、
リロードを待つよりも早くキルすることが出来るという利点になります。
また、エイム難度が高いヒーローは、照準を相手に合わせて射撃するよりも
判定の大きな近接攻撃をぶつけた方がキルの確立が高いという点も併せ持ちます。

特にOWの場合は、高い機動力を有していたり
相手を拘束するアビリティを持っていたりと狙う機会が多いのが特徴
《ブリンク》による接近が容易で1マガジンを1秒で打ち切るトレーサー
マクリーの《フラッシュ・バン》→《ピースキーパー(ファニング)》後
などは、ダメ押しとして入力することが多いです。

2.ラインハルト《バリア・フィールド》の様な高い耐久値を持つ盾
に対して正面からの射撃で破壊するのは、非常に時間がかかります
そのためローヘルスに追い込んでも、盾を構え時間を稼ぐことで
サポートの到着を待ち、デスを免れるという選択を取られてしまう...
そんな時に活躍するのが『近接攻撃』になります
近接攻撃はバリアを無視してダメージを与えることが出来る為(ザリアのものを除く)
30ダメージですが、そういった時間稼ぎに対し有効な選択肢
ハルトの場合は、密着することで当てられなくも無いですが
ジャンプし盾を斜めにするなど対策が無いわけではないので
安定択としてこの近接攻撃が挙がります。

3.ゲンジロードホッグの様な射撃→射撃に間隔の空くヒーローは
射撃→近接攻撃でキル出来る場合射撃→射撃に比べ
より短時間でキルすることが出来ます。

ゲンジは、そもそもの高い機動力+《風斬り》
ロードホッグは《チェイン・フック》によって
近接攻撃を決められる間合いを作り出すことが可能なので
特に、この利点を生かしやすいヒーロー。

4.これは、かなり特殊な例になりますが
チャージ系の射撃を持つシンメトラ,ゼニヤッタ
チャージした攻撃を近接攻撃でキャンセルすることが可能
主に《木の葉返し》を目の前で使用された場合の対処法になります
この際、射撃をしていませんが残弾を消費する点に注意。

《嵐ノ弓》を持つハンゾーも同様の手段でキャンセルすることが出来ますが
勝手に射撃されることが無く、マガジンの概念が無いので
そこまで気にする必要は、ありません。

■近接攻撃の弱点
上記のように使いどころの非常に多い近接攻撃ですが欠点もあります。
1.使用後に若干の隙が発生
2.弾切れ時の使用は、リロードを遅らせる
3.《木の葉返し》

1.締めとして使用されることの多い近接攻撃ですが
攻撃判定の持続+若干の硬直といった隙が発生します
この隙はアビリティでキャンセルすることが出来ず(Ultは可)
ウィンストン《バリア・プロジェクター》の設置や
D.Va《ディフェンス・マトリックス》の展開などが
遅れてしまうと、その硬直が致命的な被害に繋がることもあります。

2.弾切れ時の攻撃手段として近接攻撃を使用した際
一定のモーションを経ていない場合にリロードがキャンセルされます。
そのため、近接を使用してキルするつもりが攻撃対象にヒールが届き
キル出来なかった場合などに、この影響が大きく出ます
そういった可能性を考慮しリロードを行うか
近接攻撃を行うのか、判断をする必要があります。

こちらは、利点でもありますが
一定のリロードモーションを経過した後の不要なモーションは、
近接攻撃でキャンセルすることが可能。
右下に表示されている残弾数がフルになった時点で
以降のモーションは不要なモーションとなります。

分かりやすいヒーローで言えばリーパーが良い例であり
ショットガンを手から離した時点でリロードは完了
その後の懐から新しい銃を取りだすモーションは不要なモーションとなります。
そのため、このキャンセルを行った方がリロードをしつつ早く追撃をすることが可能ですが
30ダメージしか与えることが出来ず、その後1.の隙が発生するので状況次第。

3.近接攻撃は《木の葉返し》に対してダメージを与えることができません
そのため、モイラザリアなど《木の葉返し》を無視できる攻撃を持つヒーローは
近接攻撃よりも、そちらを選択したほうがキルが近付きます。
_______________________________________________________________________

いかがでしたか?こんな感じでOWでは
近接攻撃が攻撃手段の一つとして非常に有効です

上には記載しませんでしたが
トレーサー戦では120以上のダメージを出せるヒーローは(ソルジャー76ハンゾーなど)
その攻撃後に近接攻撃で150を出すことができ
素早いトレーサーを一度の接近でキル出来るなど応用の幅も広いです。

使いどころを知ることで射撃のみで闘うよりも
有利に立ち回ることが可能な近接攻撃
皆さんも、今一度意識して立ち回ってみてください!!



twitterもやってます
記事の更新情報などをつぶやいているので
是非、フォローよろしくお願いします!!