ハロウィンイベントの開始と同時に
PTRサーバーでテストされていた調整が実装され
中でもトールビョーンは大きな変更を受けました。

今回は、そんなトールビョーンの性能を
旧性能と比較しながら紹介していきたいと思います。
もう、トロールビョーンとは言わせない
新しく生まれ変わったトールビョーンを見よ!!
_______________________________________________________________________

■トールビョーン(トールビョーン・リンドホルム)
Torbj_rn_Overwatch_007
公式難易度★★☆
私的難易度★★☆
体力200(+α)


■ 所有武器・アビリティ
《リベット・ガン》
リロード時間が2.2秒から2秒に短縮され、弾丸のエフェクトが若干変更されています。

《リベット・ガン(メイン)》
主な強化点は、弾速UP射撃をヒットさせた対象にタレットを攻撃させる効果の付与です
弾速UPは約1.17倍と地味な強化ですが嬉しい調整
重力の影響を受ける特殊な弾道を描くので、エイム感覚の再調整が必要かもしれませn。
タレットのターゲット変更は、より速やかに敵を排除することが可能となる調整
ただし、タレットの射程外(距離や射線など)の場合は無効となります。
ダメージは70で据え置き。

《リベット・ガン(サブ)》
1ショットの最大ダメージは低下したものの(旧150→125)
射撃の間隔が0.8秒→0.6秒に短縮されているので単純弱化ではありません
後述の《オーバーロード》と合わせると凄まじい速度で盾を削ることが可能。

《フォージ・ハンマー》
攻撃判定近接攻撃相当に変更とのことですが近接攻撃よりも判定が明らかに大きいです。
ダメージは55と近接よりも少し高いですが《リベット・ガン》よりも優先する理由は少ないです。
タレットの強化が出来ないので用途は減ったものの旧トールビョーン同様、タレットの修理は可能。

《タレット設置》
旧《タレット設置》が削除され投擲式になったタレット設置
《セントリー・タレット》とは異なり、投げられたタレットは重力の影響を受け
平地で投げた場合、最大で15m程前方に設置され
この段階で敵ヒーローや敵のバリアにヒットすると弾かれます

着地したタレットは、3秒後に自動的に旧レベル2タレットになります
この3秒の間タレットは、一切の攻撃動作を行いません(旧レベル1の削除)
そして徐々にヘルスを増加させ最大で250ヘルスに成長します。

クールタイムは接地後5秒ですが
・タレットの攻撃中
・タレットの被弾後(3秒)
は、クールタイムが終わっていても使用不可能
上記のタイミングでタレットを移動させたい場合は
ボタン入力での破壊が可能になっており、
その場合、破壊後10秒のクールタイムが開始しし、使用できなくなります
敵によってタレットが破壊された場合も同様のクールタイムが発生。

仕様なのかは、不明ですが
例外的にタレットが1発も射撃していなかった場合(置き間違いなど用?)
にボタン入力で破壊するとクールタイムが5秒となります。

設置されたタレットは旧《タレット設置》で設置したタレット同様
《フォージ・ハンマー》で修理することが可能です。
旧タレットに存在したLv.3タレットは削除されました。
(《オーバーロード》や《モルテン・コア》とか出来そう感がありますが...)

レーザーサイトのレーザー色が変更される地味な調整も受けました。
(気持ち見やすくなった)

《オーバーロード》
旧《モルテン・コア》発動時に似た挙動を取る自己強化アビリティ
効果時間は5秒間で、クールタイムは効果終了後12秒
発動後、効果時間中のみ持続する150アーマーの獲得
射撃レート,移動速度,リロード速度が30%UPの強化を受けます。

旧《モルテンコア》と比較すると移動速度UPの効果が付与されているものの
ヘルスに付与されるアーマー量が300→150と通常アビリティ相応に減少しています。

リロード効果は、無いのでリロードしてから使用するのか
リロード加速を利用して効果時間中にリロードするのかは悩みどころ。

発動後《ハック》《EMP》を受けても効果は持続します
漂う《電光石火》感。

◆Ult《モルテン・コア》
旧《モルテン・コア》とは完全に別物
近接攻撃とリロード時に登場する左腕から溶鉱を発射するUlt
発射できる溶鉱弾は最大で10発全弾撃ち切るか6秒経過で終了
溶鉱弾は、ヒットで25ダメージ
弾の状態の時は《ディフェンス・マトリックス》《木の葉返し》の対象です。
スタン系やハック系で強制終了させることはできません。

発射された弾は、壁(敵のバリアを含む)・敵ヒーローに当たると跳ね返り、
着地すると横に広がる性質を持っています。
広がった溶鉱は《モルテン・コア》終了後も10秒間フィールドに残り
接触している相手ヒーローに対してダメージを与えます。
与ダメージ量は、2パターン存在し通常秒間130ダメージ
アーマーヘルスに対しては、秒間190ダメージに増加します。
アーマーのダメージ減算補正を無視(or適応しても)秒間190ダメなので
純粋にアーマーに対して火力がUPすると考えてOK(鉄が溶けるイメージ?)

広がった溶鉱は、1カ所に集中してもバラけていても与ダメージは同じなので
より効果的にダメージをばら撒くのなら散らした方が良さそう
感覚としては《心頭滅却》に弱い《マイン・フィールド》
_______________________________________________________________________

とりあえず調べた結果こんな感じでした
クイックで数戦プレイした感じでは
《オーバーロード》が、かなり強い印象
《オーバーロード》中に《リベット・ガン(サブ)》を連射するだけで
ラインハルトのシールドに1000前後の損害を与えることが出来ます
もちろん《リベット・ガン(メイン)》の連射も強力。

生まれ変わった《タレット設置》も今まで高所にタレットを設置する際
高所に移動→設置→強化→合流といったプロセスを踏んでいたところを
上にタレットを投げるだけでOKになったのは大きく
また、本体が狙われている時に遠投することで的を増やし
(今までは、まとめて叩かれていた)
万が一本体がキルされてしまってもLv.2が完成するのは嬉しいポイント。

《モルテン・コア》は、まだ強さがはっきりしませんが
面での攻撃の強さは《マイン・フィールド》で証明済みであり
除去することが出来ないとなると厄介さは上かもしれません。
《心頭滅却》《ディフェンス・マトリックス》《木の葉返し》に弱い点は御愛嬌。

《アーマー・パック》の削除は、予想以上に大きな変更で
代わりに獲得した《オーバーロード》の獲得アーマーは
一時的なものなので、ヘルス管理能力が以前より求められます。

結果、ヒーローとしての強さは上がっていると思いますが
その分難易度が若干上がっているように感じます。
以前同様、場所を選ぶヒーローではありますが使用機会は少し増えるかもしれません。
(他ヒーローの強化も結構大きいので、微妙かもしれませんが...)

以上で、新トールビョーン紹介は終了です
調べながらの記事作成なので
文脈等おかしい所があると思いますが許してください
意味が伝わらないレベルで間違っていればコメントにてお待ちしています。



twitterもやってます
記事の更新情報などをつぶやいているので
是非、フォローよろしくお願いします!!