バスティオンを選出する大きなメリットとして
その圧倒的な火力を相手タンクにぶつけ素早くキル、というものがあります
が、相手タンクも黙ってやられてくれるほど愚かではないので
しっかりと対策を持って臨む必要があります。
Bastion_Overwatch_003
_______________________________________________________________________
■対D.Va
他タンクの防衛手段と異なり《ディフェンス・マトリックス》による防御は
時間式なので、ここぞという時の防御能力が非常に高く
バスティオン対策として用いられる事も多いタンクです。

バスティオンを覆うように《ディフェンス・マトリックス》を展開されると
《マイクロ・ミサイル》+相手のバック火力で手も足も出せず落とされてしまう事も
ただ《ディフェンス・マトリックス》を張りながらでは《フュージョン・キャノン》を使用できず
《マイクロ・ミサイル》《ブースター》のみでは少々火力不足なので
一人で突っ込んで来た場合に処理されるという事は稀です。

《自爆》発動時は、セントリー状態を解除して逃げることになりますが
「そろそろ来るな」と思った時には、位置取りに注意しましょう
状況によっては味方の盾を信じる必要もあります。
D.Va側も被ダメージが非常に高くなり、メックが壊れやすくなるので
狙ったタイミングで自爆し辛くなるので、そこまで警戒する必要はないかもです。

《タンク・モード》時の射撃は《ディフェンス・マトリックス》対応です
《ディフェンス・マトリックス》は最長でも2秒しか展開できませんが
その間に敵が逃げる時間を作られてしまいます。

■対ウィンストン
《バリア・プロジェクター》の耐久値が600
ヘルス500でアーマーはその内の100と少なめで
《テスラ・キャノン》は、秒間60ダメージ控えめ
ヘッドショット判定が無いのでコアを攻撃される心配もなし
と、タンクの中では最も相性の良いタンクです。

特に警戒すべき点は無いですが
バリアの破壊と本体のキルに夢中になりすぎて
他への警戒が疎かにならないように注意
両方を破壊するには1100ダメージを与える必要があるので
意外と時間を取られてしまいます。

《プライマル・レイジ》発動時は、専用の近接攻撃と
回転率の上がった《ジャンプ・パック》のみが攻撃手段となります
両攻撃手段共にノックバック効果がありますがセントリー状態であれば心配無し
《アイアンクラッド》によるダメージ軽減もあり受けるダメージも微々たるものです。
味方が散ってしまうので、盾や回復の加護が受けにくくなる点に注意。

■対オリーサ
《プロテクティブ・バリア》による定期的な射線切りが厄介
耐久値800,クールタイム8秒と非常に高回転率なので
遠距離では、割っても割っても次のバリアが展開されてしまいます
後が空いているという欠点も動かないバスティオンに対しては問題なし。

また、タンクの中でも珍しく遠距離戦も出来るヒーローであり
遠距離戦ではこちらの射撃が距離減衰を受けるのに対し
オリーサの《フュージョン・ドライバー》は、距離減衰の影響を受けない為
こちらが不利な戦闘を強いられるケースが多くなります。

本体に関しても、ヘルスは400とタンクにしては少なめですが
その内200をアーマーとしており《フォーティファイ》による
ダメージ50%カットと合わせることで、数値以上に固いヒーローになります。

《ストップ!》による引っ張りは、現在セントリー状態の時には無効です。

《スーパー・チャージャー》は、デバイスを設置し
周囲の味方に対して攻撃力1.5倍バフの効果を与えます
敵が密集しやすく、動けないセントリー状態では
《アイアンクラッド》を持ってしても凌ぐのは困難。
大人しく引き下がるか、デバイスのヘルス200を削り破壊するかになります。
ほとんどの場合は《プロテクティブ・バリア》を張りかえてその後ろに設置するので
少なくとも1000ダメージを与える必要があるので、破壊する場合には注意。
(前に敵が居るともっとダメージが必要になります)
_______________________________________________________________________

前半は以上になります
タンク戦では相手の防御系アビリティを突破するのに
掛る時間を把握するのが大切です、余り時間がかかるようなら移動したり
破壊に夢中になりすぎて後を取られないように、など考えることが結構あります。

また、近距離であれば《セントリー・モード》の攻撃の方が
《タンク・モード》よりもダメージを出せる状況が結構あります
特に的が大きく、ヘルスの多いタンクに対してはUltがあっても使わず試合を進める事も多いです。
また、専用の変形モーションを挟むため無防備な状態を晒すという欠点もあるので
200族を一発キル出来るのは魅力的ですが、状況を見て判断しましょう。


twitterもやってます
記事の更新情報などをつぶやいているので
是非、フォローよろしくお願いします!!