マーシーの調整ラッシュによるサポート混乱期も今は昔、現環境では全サポートヒーローがそれぞれの個性を求められ鎬を削るサポート戦国時代となっています。そんなサポート戦国時代において他のサポートヒーローに比べ、若干敷居の高さを感じさせるヒーローなのが『アナ』

アナは、私のプレイ時間TOP5に入るヒーローであり、非常に面白いヒーローです。基本さえ抑えてしまえば、他サポートと同等以上の活躍を見込める強力なヒーローでもあるので、今回はアナ使ってみたい・使ってみたけど難しそう使うタイミングが分からない、という方に向けて既に解説済みの基礎解説,対他解説に追加する形で立ち回りなどに関して追加解説を行いたいと思います、今まで敬遠してきた方の使用のきっかけとなれば嬉しいです!!

長くなりそうなので、前後編に分けての投稿を予定しています。
ow_ana_3p_001_png_jpgcopy
_______________________________________________________________________
アナを選択する前に
アナを使う上で他のヒーローよりも、しっかりとしておきたいポイントは『開戦前のプラン作成』です。恐らく、アナの選択を敬遠している理由として一番多いのは『回復にエイムが必要』だという事だと思います。確かに他のサポートヒーローに比べると咄嗟の回復に必要なエイム難度は高いのですが、予め優先的に回復するヒーローやアビリティを使用するタイミングのプランを立てておく事によって、味方にエイムを合わせる余裕を生み出す事ができます

立てておきたい・立てやすいプランとしては、自分が《バイオティック・ライフル》をヒットさせやすい味方や相方サポートが回復を行うのが難しい味方の事前予想《スリープ・ダーツ》をヒットさせやすい相手やヒット時のリターンが高い相手《バイオティック・グレネード》による回復効果UPが必要になるであろう状況と回復阻害が機能しやすい相手《ナノ・ブースト》とシナジーが強い射撃やアビリティを持つ味方の認識などがそれに当たります。
一気に色々言われても覚えられない!!と思われるかもしれませんが、経験を積めば割と簡単に判断できるようになるので実戦で自身が経験するのはもちろん、私の経験を元に作成した対他解説を読んでもらうのが効果的だと思います。
一にも二にも、アナを使う上で重要なのはプランの作成、延いては焦らない状況と余裕を生み出す事です。

アナを選択するタイミング
アナに慣れるまでは、最低でもタンクが2人以上,サポートが自身を含め2人以上いる時が比較的扱いやすく練習しやすいタイミングであると思います。この条件に当てはまる構成は2:2:2構成と3タンク構成(1:3:2)、3サポート構成(1:2:3)です。

ダメージ以外のロールからそれぞれ2人以上選出する理由は、タンクは体が大きく《バイオティック・ライフル》による回復を行いやすいので最低限求められる仕事を遂行しやすい点や、それによって《ナノ・ブースト》の回転率上昇、《ナノ・ブースト》を投与した際に腐り難い点が挙げられ、サポートヒーローが自身を含め二人以上の状況を推奨しているのは、アナの弱点である自己回復が難しい点をカバーする事ができ、《バイオティック・ライフル》のヒットが難しいヒーローを回復してくれる可能性があるという事が主な理由になります。
この状況に当てはまらない構成(中でも比較的見かけるのは3:1:2)の場合、《バイオティック・ライフル》を当てる難度が高い場合が多かったり、回復以外の仕事の比重が大きくなりやすいので練習の場としては不適な場合が多いです。
練習よりも試合の勝利を優先的に考えた場合も、当てはまらない状況では他のサポートヒーローを選択したほうが良い場合が多々あります。

《バイオティック・ライフル》
回復と攻撃が一体となった個性的な武器ですが、どちらか一方に偏るとアナの魅力は半減してしまいます。ですが練習段階では、攻撃面を捨ててでも満足のいくレベルでの回復が優先すべき面となります。
OWにはマーシーの様な回復に重きを置いたヒーロー(だからこそ難しい点も沢山あるのですが...)が居る事から分かるように、自身は回復やバフ・デバフに重きを置き、サポート以外のヒーローにキルや目標貢献を任せても有利にゲームを進行していく事が可能です。
なので、まずはそれができるようになってから、攻撃としての使用を行いアナの色を出していっても遅くはありません。

回復を行う際に抑えておきたいポイントは、初めに書いたように事前のプラン作成です。
例えば、ウィンストンゲンジが味方に居た場合、ウィンストンのへの回復の方が容易なのは明白であり、相方がゼニヤッタであればゲンジに対して《調和のオーブ》付与してくれる可能性が高いので自身が優先的に回復を行いたいのはウィンストンになります。ですが、ゲンジへの回復,タンク以外へのを行わないという訳ではありません
確かに、アナの回復速度や回復量を考えると例の場合(アナゼニ)アナはタンク,ゼニヤッタはその他という構図が基本となりますがアナ《バイオティック・ライフル》は、1発当てるだけでも200族の体力の1/3以上を素早く回復する事ができるので、性能的には悪くありません。
あくまで機動力の高い200族(例ではゲンジ)に対してのエイムに苦戦し、得意分野で力が発揮できなくならない為の心構え程度に思っておいてください。
また、それらのヒーローと同等以上に相方サポートのヘルス管理は徹底しておく必要があります。相方サポートのデスや低ヘルスによる立ち回り幅の縮小は、アナのヘルス管理難度の上昇、延いては《バイオティック・グレネード》を自己回復として使用する頻度の上昇に繋がりますので、助け合いの精神を忘れないようにしてください。

《バイオティック・ライフル》には、スコープ使用の有無で2種類の射撃方法があります。ダメージや回復量などに差はありませんがスコープを使用した場合、弾速がUPし即着弾になるという利点があります。ですが、スコープを覗いている間は、視野が狭くなる、周囲の音が小さくなるなどのデメリットも持っており、自己回復や機動力の低いアナにとって敵の接近に気付き難くなるデメリットや、味方の回復にエイムが必要である為味方のヘルスの確認が遅れやすくなるというデメリットは想像以上に大きいです。

なので、スコープを除く時間は必要最低限に抑えておきたい所、そしてここでも重要になってくるのが『事前のプラン作成』。簡単に言ってしまえばエイム難度が高い物にはスコープを使用し、エイム難度が低い物にはスコープを使わない、と初めに決めておくと言う事。初めの例で言えばウィンストンには腰だめでの射撃、ゲンジに対してはスコープでの射撃という事になり、敵の場合もタンクの様なヒットさせやすい相手には腰だめ、させ難い敵に対してはスコープでの射撃を想定しておきましょう。
ただし【近くに戻ってきて止まり、回復を待つゲンジ】は、射撃難度が低くなるのでスコープの使用が不要になり【遠距離で動きまわっているウィンストン】に対してはエイム難度が上がるなど、立ち回りによっては、このパターンから外れる場合もあります。状況や味方の動きに応じて最初のプランからより有効なものへとプランを調整していきましょう。

回復を行う事に慣れてきたら、遠距離からの《バイオティック・ライフル(スコープ)》による狙撃で時々攻撃に参加し始めましょう、その際に狙う対象は目的によって若干変動します。
《バイオティック・ライフル》の性質(フルヘルスの味方以外に着弾する)上、敵陣後衛に居る事の多いサポートヒーローは狙い難いので、主に狙う相手はタンクorダメージとなる事が多いです。《バイオティック・ライフル》は敵にヒットすると距離減衰の影響を受ける事無く70ダメージを与えます、この70という数値は、タンクをキルするには少々物足りないのでタンクに対する射撃の目的は、主にUlt溜めになります。また、スコープを使用せずにヒットさせる事が容易なので、他に気を配りつつ行動しやすいという利点もあります。
次に200族の多いダメージヒーローに対して射撃した場合ですが、ヘルスの1/3を刈り取るそれなりに強力な攻撃となります、Ult溜めとしての効果に加えそのまま落とし切ってしまう事も視野に入ります。タンクと異なり機動力の高いヒーローも多くスコープを使用する事も多くなってしまうので、回復や自衛が疎かになってしまわないように注意してください。
まずは、スコープを使用し飛んでいるファラを落とせるようになる事を目標にするのが良いと思います。サポートには珍しい即着弾での射撃が可能なので比較的難度が低く、キルした時のリターンが高いので攻撃に参加する事の有効性が実感しやすいと思います。


最後に、今まで以上に個人的な意見ですがCS版にある味方へのエイムアシストは、できる限り使用しない事をお勧めします。確かに味方へのエイムアシストを強力にする事によって、味方への回復行為は非常に容易になります。
ですが、回復に慣れ攻撃に参加する余裕ができ、敵に対してエイムを合わせる機会がおおくなると、味方にエイムを引っ張られるこのアシストが却って足を引っ張る場面が気になり始めます、この段階でエイムアシストを弱めるor無効にする事ですぐに適応出来れば問題ないのですが、少なからず感覚的な部分にズレが生じる事が予想されます。今後も長期間アナをカードとして持っておくつもりであれば、努力で味方にヒットさせられるようになっておきましょう。
_______________________________________________________________________
いかがでしたでしょうか?あくまで個人的に意識しているポイントなどをまとめているので全ての方にこのやり方が適しているかは分かりませんが、手探り状態の方の手がかりとなれば幸いです。

前編では、主に心構え的なモノや《バイオティック・ライフル》の使い方についての解説をさせていただきました。後編では、残りの《バイオティック・グレネード》《スリープ・ダーツ》《ナノ・ブースト》についての解説に加え前編・後編合わせての後書きなど掲載予定です。
近日中に投稿予定ですので、そちらもよろしくお願いします!!

:追記:
No thank youとは言わせない!!初心者向けアナ解説 後編 公開しました!!


アナのバステト・チャレンジの開催期間も残り5日となりました(投稿日時点)各種アイテムが欲しい方は、取りこぼしの無いようにご注意ください。Twitchの視聴で獲得出来るスプレーもお忘れなく!!
日本時間での配信スケジュールも記載された公式記事はこちら(https://playoverwatch.com/ja-jp/news/22835080)



twitterもやってます
記事の更新情報などをつぶやいているので
是非、フォローよろしくお願いします!!