今日のクイック・プレイを投稿すると言ってから約2ヶ月。ちょこちょこ執筆や動画の編集を行っていたのですが、流石に撮影時の事を明確に覚えている訳もなく…。

憶測混じりで今日のクイック・プレイを投稿する位なら辞めておこうとも思いましたが、勿体ないという気持ちと次が何時になるのかわからないということで、いつもオマケ扱いだった最後の動画+コメントの部分だけでも投稿することにしました。
Genji_010
_______________________________________________________________________
■味方構成
1.アッシュ
2.ゲンジマクリー(私)
3.バティスト
--------------------
4.オリーサ
5.ルシオ
6.ロードホッグ

------は選択締め切り時間を表しています。

撮影時期は5月末、《ピースキーパー》の射撃レート強化の1,2週間前位ですね。ファーストピックはアッシュで、合わせてゲンジを選択。当時は以下の記事を書く程度には相性がいいと思っていましたが、最近は少し考え方が変わってきてます。

タンクを担当してくれた二人は、選択時間終了後の補充プレイヤーだったので押し付ける感じになってしまい申し訳なかったのですが、ロールキュー実装後はそういった事を考える事もなくなるんですかね?
_______________________________________________________________________



1.体力計算。
ゲンジの攻撃は何れもダメージが固定なので、かなり計算しやすい部類です。ヒーローの頭上に表示されるヘルスブロックは1つ25なので2つ以下になれば《風斬り》圏内です。動画内ではオリーサがキルしてくれる可能性が高かったので使用が遅くなっていますが、今考えると即《風斬り》でよかった気もします。

次いでD.Vaのメックへの追撃、こちらも体力が圏内になるまで《手裏剣》で削ってます。手裏剣で削りきっても良かったのですが、《風切り》の直前にマーシーが居るのが確認出来るので早さと確実性を重視して《風切り》を選択しました。メックは破壊してもキルでは無いので《風切り》リセットは発生しません。なので無理にキルには向かわず、破壊を確認後即撤収してます。これだけでも、次のウェーブまでの時間を稼ぐor不完全な状態での戦闘に出来るので十分に効果的です。結果、1発で仕留められる《ザ・ヴァイパー(照準器)》でアッシュがキルを取ってくれてます、タイミングもベスト。

この時、ルシオが迎えに来てくれたのはかなり嬉しいポイント。

2.《龍撃剣》
派手にマルチキルを取ってはいますが反省点が山積みです。
まず、真っ直ぐ《風切り》で突っ込んで発動してます。リーパーが《レイス・フォーム》を使用した後だったのでフルヘルスでも《風切り》+2斬り、回復が絡んでもリセット分の《風切り》でダメージを上乗せしキルするのが狙いでした。

が、抜刀時の体力が139(直前は149)なので《ヘルファイア・ショットガン》ボディ全弾の圏内です。結果的に上手く行ってますが、逃げ性能が高い相手は居ないのでもう少し回復を待ってからでも良かったです。

次に、場外まで執拗に追ってのマーシーキルです。斬りつけた時点を見てみるとロードホッグなど味方がしっかり狙ってくれてます。この時にキルに干渉出来ていなかったら《風切り》の再使用が出来ず落下死してます。また《龍撃剣》中は、Ultを溜められないので味方のUltを溜めるという意味でも無視してD.Va本体を先に追った方が良かったかもしれません。

後、D.Va本体キル後の《風切り》は不要です。

◆休憩◆
この後ポイントAを取られてしまうのですが、レッキング・ボールやメイなど相性があまり良くないヒーローが増えたのが理由です。なので割と有利に立ち回れるマクリーに変更したのですが、上のリンク記事に書いたように、アッシュとマクリーの相性はイマイチだと考えてます。

回復がどうこうと書いていますが、現在一番の理由は「盾割り性能」の低さですね、お互いに盾の有無が活躍に影響しやすいのに盾割りが苦手です。あと、当時は今に比べて上手いアッシュが少なかったというのも当時記事に書いた理由だと思います。

3.マイン・フィールド
この頃からレッキング・ボールを見かける事が急に多くなった印象があります、慣れてきたんですかね?。個人的には、相方タンクの負担が大きくなることが多いので実装時に比べて選択する機会は減りましたが、実際に相手をする方は使っているヒーロー次第でかなり厄介な存在になります。

3DPSという居場所を見つけた所でロールキュー実装、今後の立ち位置が気になります。

動画内の反省点は、しっかり周りを見よう
現在PTRでは《マイン・フィールド》弾速UP=広範囲への散布が可能になる調整が入っているので、実装されれば今まで以上にケアする必要が出てくると思います。

4.デッドロックシナジー
相性がイマイチといった二人ですが条件さえ整えば、弾速・精度・ダメージ何れも悪くはないので結構やります。対トレーサーは《ザ・ヴァイパー(照準器)》のヘッドショットで1確ですがヒットボックスが小さく簡単なことでは無いです。動画内では二人がほぼ同時にボディショットすることで《リコール》使用の隙きを与えずにキルしています(70+85)。

200族が相手になるとどちらかがヘッドショットを取る必要がありますが、結構現実的な範囲だと思います。今まではノータイム却下でしたが、オリホッグ軸で盾割りに強くするなどして今後試していきたい組み合わせになりました(背景ストーリー的にも)。

5.細かい気配り
とりあえず1キル狙いの《デッド・アイ》でしたが、バティストが《イモータリティ・フィールド》を投げてくれてます。クールタイムが長いのでポンポン投げるのは危険ですが、やってもらった側は結構助かります。強化後の《デッド・アイ》リターン重視で粘る事が少し増えたので、バリア系や火力バフ、回復などで補助してもらえると少しの差に見えて、かなりリターンが伸びます(状況によりますが)

また、この試合は通して回復が足りないということがなかったのが凄い所。バティストを使っているとこの状況、自分で《ヴァルキリー》中のマーシーを狙いたくなってしまう方も居ると思いますが、信頼大切です。

6.見間違い
手柄重視の《デッド・アイ》発動を狙っていましたが《ブリザード》を先に発動され、行動制限狙いに切り替えてます。もう少し早く射撃していればレッキング・ボールを取れたので要改善。

本題はそこではなく設置された敵の《スーパーチャージャー》のデバイスを味方のものと勘違いしています。ぼんやり赤い事や、自身に接続されていない事から簡単に判別出来ると思いますが、当時の私はどうかしていたのでしょう。

また、デバイスを睨む前のシーンで2箇所への接続が確認出来るので、敵が近くに居ることも想定出来ます。が、味方のだと思っているこのマクリーは気付くことが出来ず、のちに死にかけてます。情報アドバンテージを大切に。

7.ノリ過ぎ注意
OWを満喫するロードホッグから始まるこのシーン。
敵が《チェイン・フック》を使用した音を聞いてから《デッド・アイ》を発動し、3キルを獲得。気持ちよくなってロードホッグを突いているとリキャストした《チェイン・フック》を貰い万事休す、顔のでかいマクリーなので「終わった」と思った所に味方の《チェイン・フック》、相手のホッグに突き刺して引き込みを拒否。遊ぶときは遊んで決めるときは決めるかっこいい…

過去にどこかで紹介しましたが、ロードホッグの《テイク・ア・ブリーザー》は、使用中被ダメージを50%カットします。《デッド・アイ》に対してももちろん有効で、ドクロになるまでの円が大きくなります(ロック直後であればドクロ解除も可)。動画内では円が大きいので諦めていますが《テイク・ア・ブリザー》終了直後(一気に円が縮む)を狙っても良かったかもしれないです。その場合ブリギッテが視界から外れる可能性があるので一長一短ですが。

8.決着
決着後の攻撃は普段しないのですが、バンの後は手癖で撃つことも…ごめんなさい。
_______________________________________________________________________
◆まとめ
随所に登場するラジオチャット、上手くやり取りが出来ている・楽しんでいると勝てそう感が増します(実際、情報の受け渡しが出来るので、ラジチャ0に比べれば有利になってると思います)。

あと編集しながら思ったのですが、この頃の私のマクリーと今の私のマクリーで全然立ち回りが違う、何よりヘッドショット取れてなさすぎですね。

射撃の間隔が0.5秒→0.42秒と0.08秒短くなっただけなのですが、「外れても次弾がすぐ撃てる」と考えるのか動画の頃に比べて「積極的に狙う≒取れる」様になった気がします。《フラッシュ・バン》後の追撃も単発打ちすることが増えました。


こんな感じですかね。
今回はかなりお待たせしてしまいましたが、こういった形式での投稿であればもう少しだけ投稿頻度を上げられると思います(予定)。もちろん「前の方が良かった」という意見が多ければ過去の「今日のクイック・プレイ」と同じ形式で投稿していこうと思ってますし、リプレイ機能が実装されたので、それを使った反省記事も面白そうだと思ってます。



EAA!!での活動も応援お願いします!!

Twitterもやってます。
記事の更新情報などをつぶやいているので
是非、フォローよろしくお願いします!!