Youtubeのオーバーウォッチ公式チャンネルに初心者向けの解説動画「オーバーウォッチ 新人ヒーロー養成講座 ~君もヒーローやってみない?~」が投稿されました。内容は非常にシンプルで、各ロールから2名ずつの紹介、ルール解説、+αとなっています。

右も左も分からない初心者にとっては、オーバーウォッチがどういったゲームなのかを知る非常に良い動画となっていますが、既にヒーローの個性や環境を知っているPC版や今までのCS版をプレイしていた方には「ん?」と感じる部分が多々あったので、それらに触れていきたいと思います。


_______________________________________________________________________
◆タンク
「~頑丈なヒーロー、多少のダメージは物ともせず」、多少のダメージでは済まないのが現環境の現実なのは内緒。「チームの先陣を切る切り込み隊長です」、この一文だけでタンクやりたくなる、良いキャッチコピー。

ラインハルト
オーバーウォッチのタンクと言えばラインハルトな感じは確かにあります。ミラーやってるときなんかは「オーバーウォッチ」やってる感かなり強いですし。シンプルだから初心者にお勧めなのはわかりますが、環境トップの2枚盾が相手になるとやっぱり辛いです。もうすぐ調整も入るしそれを見越しての紹介かも知れません。

PVのダメージ詐欺はいつものことなのでスルーしますが、《セントリー・モード》バスティオンを封殺するかの様な耐久値詐欺はヤバい。

《アース・シャター》ブリギッテ先頭…《シールド・バッシュ》…うっ、頭が…。

D.Va
ラインハルトに続き、なんで今おすすめしたの?感が拭えません、可愛いから?。吸収していたとばかり思っていた《ディフェンス・マトリックス》が敵の攻撃を弾いていたという衝撃の事実が発覚。

《メック自爆》の紹介では、ジャンクラットリーパーモイラを爆殺しています。ジャンクラットはともかくリーパーモイラ《レイス・フォーム》《フェード》で逃げれるので別のヒーローにしたほうが良かった気がします。少しでも早く戦線復帰するためにリスポーン地点で使ったのかな。

メック“自爆”の後は《ライト・ガン》で攻撃しなくても《メック召喚》できます。


◆ダメージ
全ロール中最多ヒーロー数でありながら、中でも難易度の高いアッシュゲンジが紹介されています。

冒頭部分ではドゥームフィストよりもマクリーを優先してハックするソンブラや開戦直後の《ブリザード》で凍結するオリーサモイラなどなかなかレアな光景が登場します。

アッシュ
こちらもファラワンショットや《ダイナマイト》でのラインハルトブリギッテのキルなどダメージの過剰演出が目立ちます。が、マクリーとの打ち合いは、数字に細かいおじさん的にかなりの好印象。

マクリーは初弾を外しているので次弾発射までに0.42秒が必要、200族のアッシュをキルするには最短でも2発0.84秒が必要になります。対するアッシュ《ザ・ヴァイパー》は、腰だめ射撃の場合40ダメージのヘッドショットで80、キルまでには最低でも3発(ヘッド×2+1)必要ですが射撃間隔は0.25秒なので初弾からしっかり当てれば0.5秒でマクリーをキルでき、アッシュが勝っていることにも納得。明らかに全弾ボディショット?、細かいことは気にしない。

思いっきり打ち上げられたラインハルト《B.O.B》の位置を把握できていません、もう61歳だからね、仕方ないね。

ゲンジ
なんでこんなに難しいヒーローを紹介したの?かっこいいから?。他のヒーローに比べダメージ詐欺以外はツッコミどころ少なめです(その分ダメージ詐欺に磨きがかかってます)。セントリーバスティオン《木の葉返し》に撃ち込んでデス何ていうのは初心者あるあるではないでしょうか?


◆サポート
バティストの画面では味方にアナルシオがいます、クイック・プレイ クラシックかミステリーをやっているのでしょう。

マーシー
《カデュケウス・スタッフ》《リザレクト》で何故かやたらとゲンジを援護するマーシー「I need healing」の印象故か、公式カップリングだからか。

マーシーの性能は確かに初心者向きですが、私的には一番むずかしいサポートだとも思ってます。入り口は近くゴールは遠いそんなヒーロー。

ゼニヤッタ
現環境を生き抜けないサポート筆頭ではあるものの、扱いやすさという意味では確かに初心者におすすめ。ただし《調和のオーブ》は開戦前から付けておこう。

《心頭滅却》の解説時には再びバスティオンが噛ませとして登場、公式のバスティオンネガキャンが凄い。《セントリー・モード》中のバスティオンは、距離次第で秒間ダメージが300を上回るので《心頭滅却》中であっても油断は禁物です、特にトレーサー。あと《不和のオーブ》付けてからのほうが良くない?

そしてサラッと流されるソンブラとのタイマンという地獄のような映像。


◆ルール解説
ペイロードでの回復や干渉人数によるキャプチャ速度の変化など細かい解説は省かれているものの、最低限のルールが非常にわかりやすい良解説。

◆アサルト
各サイドの構成は、オーバーウォッチタロンに分けてあるみたいです。ストーリーのコンセプトで構成を決めるその姿勢、嫌いじゃないです。ただ、シグマのトレーラーでもそうでしたがタロンタンクが不足しているからと言って人相でロードホッグを加えるのはやめてあげて。

■HANAMURA
:攻撃サイド:
ラインハルト
ウィンストン
トレーサー
ソルジャー76
アナ
ルシオ

ここでハルザリ構成に寄せてしまうと試合がもたつきやすいので、ポイントを踏んでプレッシャーを掛けられるトレーサーウィンストンが居るのはゲームプランを立てている感じあります。トレーサーの腕に左右される部分でもありますが、全体的に火力が不足気味なのでラインハルトの積極的な攻撃への参加やアナ《バイオテック・グレネード》による回復阻害などをうまく利用していく必要がありそう。

:防衛サイド:
シグマ
ロードホッグ
ウィドウメイカー
ドゥームフィスト
モイラ
バティスト

環境ヒーローのドゥームモイラシグマが入っている他、周りもそれらに匹敵する十分に強力なヒーローでまとまっている割とガチめな構成ウィドウメイカーが立ち位置を完全に間違えているものの、実力が伯仲する展開になれば構成で有利を取れそうなのはこちら。ダメージヒーローがダメージヒーローや敵の後衛を叩いて流れを作りたい。

◆エスコート
■ROUTE66
:攻撃サイド:
ラインハルト
ウィンストン
トレーサー
ソルジャー76
アナ
ルシオ

HANAMURAと同じオーバーウォッチ構成。基本的な強みと弱みはHANAMURAと同じですが、ペイロードで回復ができるのでアナの運用が若干楽。

:防衛サイド:
オリーサ
レッキング・ボール
ソンブラ
ジャンクラット
アナ
ブリギッテ

フレンドとやったら絶対に楽しい反面、敵に回すとめちゃくちゃ面倒くさい構成。一般的な構成ではないのでアンバランスに見えますが、安定軸のオリーサヘイト稼ぎのレッキング・ボールハックによるプレッシャー&後衛キルのソンブラ盾割りを込みで前線火力出しが得意なジャンクラット受けの強いサポートとチームの役割分担的には意外とスキのない構成、ブリギッテの回復能力が相手依存な点は少し気になるが。

実際相手はダイブ構成になりきれていないので、単体での飛び込みに対応可能且つ火力勝ちできそうなのでこちらが有利そう。

◆コントロール
■ILIOS
:攻撃サイド:
ラインハルト
ウィンストン
トレーサー
ソルジャー76
アナ
ルシオ

そろそろ構成変えよ?

:防衛サイド:
ザリア
D.Va
シンメトラ
メイ
ゼニヤッタ
アナ

ここに来て盾なし構成ザリアD.Vaがフレンドで《グラビトン・サージ》+《自爆》をやりたいだけ説あります。瞬間火力に乏しく長期戦で光るダメージヒーローが多いので盾を出したほうが間違いなく安定する。

対面のことを考えると《グラビトン・サージ》の返しは《サウンド・バリア》が予想されるので、突破できる《自爆》や拘束時間を延長できる《ブリザード》が控えているのは好相性。対する敵Ultは《タクティカル・バイザー》に対して 《心頭滅却》《フォトン・バリア》《ディフェンス・マトリックス》《パルス・ボム》は付着、非付着問わず《パーティクル・バリア》《バリア・ショット》と受ける手段は多く、悪くないのでは?と思う部分はあるものの《アース・シャター》がほぼ素通りなのがかなり痛い。

また、ダメージが分散しやすい敵に対して立ち回りでの被弾が避けられない構成であるにも関わらず、サポート内1名がゼニヤッタなのでアナプレイヤーの過労死は避けられない。


◆トレジャーボックス
レベル1でラインハルトのスキンをコンプリートする廃課金ラインハルトガチ勢。



◆ここまで読んでくれた初心者の方へ
初心者以外の方は笑ってスルーできる内容だと思いますが、初心者の方は小言ばかり並べられて「オーバーウォッチって、難しそう」「オーバーウォッチやっている人、怖いor面倒くさい」と思われたかもしれません。が、全く気にしなくていいです。かっこいいから可愛いから使いたいヒーローを使って真剣に、楽しければOK、そこから学んでいけばOKです。

今でこそこんな感じの記事や解説記事を書いている私ですが、元々ゲンジのカッコよさに惹かれてオーバーウォッチをプレイし始めましたし、数え切れないくらい今まで負けてきました。単純な勝ち負けや初心者向けのヒーローを考えると、今回紹介されているヒーローはお勧めし辛い面もありますが興味を惹かれるヒーローがいた方は、ぜひ一度プレイしてみてください。

その後、勝ち負けでレートが上下するライバル・プレイをやり込みたい、このヒーローをもっと知りたい、うまく扱いたいと感じたときにはもう一度このブログや投稿を行っている別サイトEAA!!を覗いてみてください何かしらのヒントになると思います(一部古い情報もありますが…)。

見ても分からない事があるという方は、ブログの方に質問コメントをしていただければ基本的に必ず返信します。また、ゆるい感じの配信もTwitterで告知してちょこちょこ行っているのでそちらにコメントをいただければ一緒に考えることもできます。一緒にオーバーウォッチを楽しんでいきましょう!!

「さぁ、あなたはどんなヒーローになりたいですか?」
OW110_Final