前回に引き続きソルジャーの対他ヒーロー解説です。
私見もりもりで行きますので、ご了承ください。
SeventySix_3p_05_bmp_jpgcopy
_______________________________________________________________________

対ウィドウメイカー
ポジションによってはどうしようもない
向こうの射線が通るという事はこちらも通るので攻撃チャンスですが
ダメージ差が厳しいのであまり戦わず味方に任せたい所
手がつけられない程暴れている場合などはヒーロー変更も検討したい。

対ジャンクラット
基本的には有利なマッチアップ、弾速で勝り逃げのマインジャンプも簡単に射撃できます。
寄られると火力でゴリ押される(メイン→マイン=最大240)ので接近を許さないように
特徴的な足音なので聞き逃すことも少ないはず。
ただし、スプリントで走り回る為トラップには要注意

対トールビョーン
味方のヒーローにも寄りますが、タレット処理はソルジャーの仕事の一つだと思ってます。
フィールドでヒールしながら射撃でき、タレットは移動しないので(設置場所が移動する場合はありますが…)
ヘリックス1発で120を持っていけるのも大きい。

本体は単発射撃が70と高めですが、連射が効かず弾速も遅く特異な軌道で飛ぶので
横の動きには当てずらいため中距離ではこちらが有利、近距離だとショットガンの火力が
結構痛いので密着にならない程度をキープしたい所。
「タレット射撃に削られ単発ヘッド」みたいなやられ方をしないように、
一応140以上をキープしたい。

対ハンゾー
以前にもまして結構きつい組み合わせ
ウィドウメイカーに比べ面と向かっての対戦機会は多いですが
ポジション把握が甘いと不意を突かれてあっさり死にます
電光石火や体術の追加で機動力や連射能力も申し分なくなったので
並み以上のハンゾーなら逃がしてはくれない。
味方タンクを上手く使って素早く処理したい。

対バスティオン
機動力は比較的高いソルジャーですが裏を取るのが苦手(取る機会が少ない)ため
セントリーバスティオンのコアを叩きずらいので、処理に時間がかかってしまう
とはいえヘリックスの120はバスティオンも無視できないダメージなので
自己修復か移動を要求することができる、定期的な嫌がらせはしていきたい。

盾持ちが、バスティオンの前に立った時は、
盾崩壊覚悟でバスティオンを落としたいときなので
全力で火力を出してあげましょう。

対メイ
近距離で先手を取られると終り
一応、一か八かフィールドを展開すれば助かる可能性はありますが
大体他の敵と一緒に叩かれるのでそこまで効果は無いです。
タクティカルバイザーもアイスウォールで阻止されるので
先に処理しておくか、対応し辛い位置で発動したい。

中遠距離ではこちらが有利、軽く削ってさっさとクリオフリーズを使わせてしまいたい
中距離では一応つららヘッドで150出るので、キープラインが他のヒーローよりも高めになります。
_______________________________________________________________________

移動速度は速いですが、寄られる寄れないに弱い感じです。

他の味方ヒーローにもよりますが、比較的早めの処理が求められる
ポジションによっては手がつけられなくなるディフェンスヒーロー

総括:ディフェンスが止まらない時は、早めのヒーロー変更を


twitterもやってます、記事の更新情報などをつぶやいています
こちらでのコメントもお待ちしておりますので
フォローよろしくお願いします。